×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

はとバス コース 滋賀県情報!

はとバス コース 滋賀県

カテゴリー :はとバス コース

はとバスコースで滋賀県へ!
はとバスのコースの中に滋賀県へ行くはとバスコースがあります。秋の琵琶湖(彦根城四百年祭)と伊勢志摩(五大グルメ)(3日間)の旅です。
このはとバスコースみどころとしては秋風さわやかな琵琶湖の旅情、そして伊勢の海鮮グルメを楽しむ3日間 なのですが、滋賀といえば、彦根城と玄宮園があります。はとバス滋賀コースでは通過するだけなんですが、私は城が好きなものですので、はとバス滋賀コースに彦根城満喫プランがあればと思います。

彦根城(ひこねじょう)は、滋賀県彦根市金亀町にある城。国宝に指定された4城のうちの一つ。別名・金亀城。国の特別史跡に指定されています。滋賀県下で唯一、城郭建築が保存された城です。
あの『武士の一分』、『大奥』など数多くの映画、ドラマのロケ地としても知られ、平成4年(1992年)に日本の世界遺産暫定リストにも記載されていますね。

私が個人的に好きなのが、彦根城のマスコット「ひこにゃん」。ひこにゃんは、2007年に築城(開始)400年を迎える彦根城の記念イベント、「国宝・彦根城築城400年祭」のイメージキャラクターで、猫をモデルとしている(理由は後述)。井伊家由来の赤備えの兜をかぶっているとてもかわいい猫キャラです。
はとバスのコースにぜひひこにゃんを!

コラム > はとバス コース 滋賀県について書かれています。

はとバス 日帰り 東京タワー

カテゴリー :はとバス 日帰り

はとバス日帰りプランに一番出てくるのが東京タワー。はとバス日帰りツアーには定番中の定番でしょう。

東京タワーの色を聞かれると大体が”赤”と答える方が多いと思いますが、実は正式名は”インターナショナルオレンジ”だそうです。オレンジなんですね。私も初めて知りました。このタワーの正式名称は日本電波塔。
地上アナログ・デジタルテレビジョン放送(VHF・UHF)及びFM放送のアンテナとして放送電波を送出する他、東日本旅客鉄道(JR東日本)の防護無線用アンテナと東京都環境局の各種測定器を設置しているので、しっかりとした、電波を発している塔なんです。
一般的に東京のシンボル・観光名所として知られているだけではないいなですね。はとバスの日帰りプランに乗り込めばすぐ聞ける情報です。設計上は最上部で風速100m、下の部分で80mの風に耐えられ、関東大震災の2倍クラスの大規模地震が起きても大丈夫という事になっているが現在の強度は定かではないらしいのではとバスの日帰りプランで行かれた時はご注意を。(笑)
高さが332.6m[1]なのはフランス・パリのエッフェル塔の324mより8.6m高く、自立式鉄塔としては2007年現在も世界最高です。
はとバスの日帰りプランで、実際に見てください。

コラム > はとバス 日帰り 東京タワーについて書かれています。

はとバス 京都 八橋

カテゴリー :はとバス 京都

はとバスで行く京都プラン。宿泊、はとバス旅行 世界遺産・白川郷と飛騨の小京都・高山 (大人・おひとり様)22,800〜34,800円!!の旅がありますが、

京都の代表的なお菓子といえば・・・『八つ橋』 が有名ですよね。

みなさん『八つ橋キティ』って知ってますか?キティちゃんのアクセサリーです。京都にしかないのではとバスでいかれたらぜひ見てみてはいかがでしょう。

「八つ橋」と言うとあんこの入った三角形の柔らかいお菓子を想像する人がほとんどだと思いますが、それは「あん入り生八つ橋」です。
本来の「八つ橋」というのは、短辺が弓形に曲がった短冊状の固い煎餅のような菓子です。
「八つ橋」は元禄二年(1689)聖護院の門前町でお茶屋を営んでいた西尾偽治郎が売り出したものだそうです。
何故「八つ橋」とゆう名前なのか、主に2説あります。1:等曲の元祖と呼ばれる八つ橋検校が亡くなり、その墓が聖護院西の黒谷に立て
られたところ門徒が多く聖護院に参じるようになった。それを見て琴の形に似せて菓子を作り、売り出したところ評判になり、「八つ橋」として日本中に知られるようになった。2:三河の国の里の板橋に形がよく似ていることから名付けられた。(この三河の国の八橋と言うのは悲しい話で2人の子供を川で溺れて亡くした母親がたくさんの橋を造ったと言うようなそんな話。)こっちの説の場合、板橋が弓状なのはおかしいのですが、それは後で業者が商品の嵩上げをする為に改良した結果らしいです。はとバスで行く京都プランで、この「八つ橋」をぜひ探してください。はとバスで行く京都だからおみあげにもこりたいですよね。

コラム > はとバス 京都 八橋について書かれています。